妊活力アップのための体づくり

パートナーと一緒に考えよう

不妊の原因は女性・男性ともに考えられます。男性の不妊についても考えてみましょう。

二人で前向きに妊活に取り組んでいるのに、なかなか赤ちゃんができないのはなぜ?そのような時は、女性側だけでなく男性サイドにも目を向けてみましょう。不妊原因の24%は男性不妊と言われています。男性不妊の原因や治療法についてみていきましょう。

不妊の24%が男性に原因があるってホント!?

不妊の原因は男女半々です。WHO(世界保健機構)のデータにも、男女ともに原因があるカップルは24%で、男性のみに原因があるカップルは24%とあります。実際に不妊治療の途中から、男性側の問題が発覚するケースも少なくありません。早期に男性不妊が分かれば、それに合った治療ができ、赤ちゃんを授かる可能性も高まります。

精液の異常や射精、勃起状態などに疑問を感じたら、男性不妊の可能性があります。まずは男性不妊治療専門の泌尿器科を受診しましょう。また、不妊治療専門病院や総合病院などで、二人揃って受診すれば、より効果的な治療が期待できます。

女性からパートナーに受診を促すのは気が引けるかもしれませんが、不妊治療には真剣に話し合うことが大切です。互いに協力し合って、前向きに妊活を進めていきたいですね。

精子の状態が妊娠に影響するってホント!?

男性不妊の原因の多くは、精子の状態の不安定です。以前でしたら治療法がほとんどなく、赤ちゃんを諦めるカップルも少なくありませんでした。医療技術が進歩した今では、パートナーが無精子症でも、不妊治療によって妊娠できる可能性が飛躍的にアップしています。

<男性不妊につながる精子の状態>
●乏精子症
精子の数が極端に少ない症状です。通常は1mlの精液中に1500万個以上の精子がいますが、それ以下の場合が乏精子症になります。

●重症精子無力症
精子がほとんど動かない症状で、精子が生きているのに動きが鈍い「精子不動症」と、精子が死んでいる「精子死滅症」とがあります。

●無精子症
男性不妊症の約2割にあたり精子が全くない症状です。精子の通り道が塞がれている「閉塞性無精子症」と、精巣がダメージを受けている「非閉塞性無精子症」があります。

●高度乏精子症
精子の数が極めて少なく、無性症やごく少量の精子が見つかる場合があるので、正確に診断するには、数回の検査が必要です。

男性不妊にはどのような治療法があるの?

男性不妊は、精子やそれを作る精巣周辺の状態を見た上で、症状に合った適切な治療を行います。

薬物療法で精子の数を増やす

個人差があり、劇的な効果はあまり期待できませんが、薬を3か月間服用して精子の数を増やします。薬物療法のポイントは、処方期間はしっかりと薬を服用すること。飲み忘れがあると効果が半減するので、気をつけましょう。

1つでも精子があれば顕微授精

精子を1つでも確認できれば、受精の可能性はゼロではありません。顕微授精は、採取した卵子と精子を人工的に受精させる治療法です。採取できる精子の数には個人差があります。数個程度の人もいれば1,000個以上の人も。精子の数が多いほど成功率は高くなりますが、精子が少なくても妊娠の可能性が期待できる治療法です。

性機能障害は薬やカウセリングで改善

男性不妊の1割は、性器能障害といわれています。性交時に勃起しないケースは、バイアグラなどの PDE5 阻害薬を服用することで改善が見込めます。性器能障害は非常にナーバスな問題であり、精神的な原因も十分考えられるので、カウセリングを取り入れているクリニックもあるようです。

手術で精巣機能を高める

精子の状態が悪い原因の1つに、精索静脈瘤があげられます。精巣付近にできるコブで、これがあると精子の生成がうまくいきません。その証拠に男性不妊症患者の40%が精索静脈瘤が原因と言われています。
治療には、薬物療法と手術があり、静脈瘤の大きさを見た上で適切な治療法を診断します。手術を受けた場合は、約6割の人に改善が見られるといいます。