妊活中に摂っておきたい7つの栄養素の働きと効果

梅酢

梅がもたらす意外な効果!?塩抜き濃縮梅酢が良質で元気な卵子を育てて妊娠率をアップする!

梅の栄養成分を濃縮した梅酢には、疲労回復やダイエットなど、様々な健康効果があります。最近注目を集めているのが、不妊治療への応用です。梅酢の抗酸化作用が妊娠率を高めてくれるといいます。梅酢に秘められた驚くべきパワーについて、みていきましょう。

梅酢のクエン酸サイクルで健康増進&アンチエイジング!

梅酢は梅の実を塩漬けにした時に自然に出てくるエキスです。醗酵させていないので酢酸は含まれていませんが、クエン酸やリンゴ酸、ポリフェノールなどの有機酸、アミノ酸、カルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

梅酢に含まれているクエン酸には、体内に入ると化学変化を起こして再びクエン酸に戻り、乳酸や酸性物質を除去して、身体をアルカリ性に保つ働きがあります(クエン酸サイクル)。このサイクルにより、疲労回復や筋肉疲労回復、コレステロール低下、ダイエット、老化予防、アンチエイジング効果など、様々な健康効果が期待できます。

不妊治療に朗報!濃縮梅酢で妊娠率アップ!

梅酢には、動脈硬化予防や免疫力アップなど、様々な健康効果があり、ニワトリのエサに梅酢を混ぜると、卵の味や栄養価が高くなることが分かってきました。

梅酢の卵に与える効果に着目した、和歌山県立医科大と和歌山高専らは、共同で臨床研究を行ない、不妊治療にも効果があることを立証しました。

それによると、不妊治療を受けている33~43歳の女性18名のうち、投薬治療の効果が得られなかった9名に、塩分抜きの濃縮梅酢のサプリメントを服用したところ、体外受精や顕微鏡受精に成功したのは半分以上の5名。投薬治療と併用することで、妊娠率は55.6%に向上しました。また、投薬治療を受けずに梅酢だけ摂取した場合は、10人中6人が妊娠したといいます。

同チームでは、「梅酢に抗酸化作用があり、その働きで卵子の老化がゆっくりになって卵子の質が向上して、妊娠につながったのでは」としています。
この研究に使用した濃縮梅酢のサプリメントは、既に市販化されているそうなので、不妊治療の一つとして、注目が集まりそうです。

梅酢と唾液のWパワーでアンチエイジング!

梅干しやレモンなどの酸っぱい食べ物を見ていると、それだけで唾液が出てきます。脳が反応するためですが、この「刺激唾液」には、活性酸素を破壊する酵素が含まれています。

食べ物を摂取すると、酸素を取り入れてエネルギーに変換します。この時、酸素が過剰になると活性酸素となって細胞を酸化させてしまい。老化や生活習慣病などを引き起こします。

梅酢に含まれている有機酸には、刺激唾液の分泌を促す働きがあり、さらに有機酸にも抗酸化作用があるので、相乗効果が期待できます。