妊娠したい、赤ちゃんが欲しい方向け妊娠準備方法

二人目の妊活時期っていつから?

出産後妊娠しやすいってホント!? 医学的な第二子妊活開始のベストタイミング。

第二子妊娠のタイミングは、経済的な面から考えがちですが、医学的な面からみると、初めての妊娠から1年半後がベストタイミング。それより早く妊娠すると、母体や胎児に悪い影響があるといわれています。医学的な第二子妊娠のタイミングについてまとめています。

第二子妊活開始のベストタイミングは出産してから1年半後

初めての赤ちゃんを出産し、子育ても一段落。そろそろ次の子が欲しいと思っても、育児や仕事、経済的な問題から、第二子妊娠を先延ばしにしてしまう人が少なくないようです。第二子を妊娠するタイミングは、それぞれの家庭ごとに判断基準が異なりますが、医学的には1年半後の妊娠がベストだといいます。

早い妊娠は低出生体重児や早産のリスクが

1年半未満で妊娠すると、早産や低出生体重児のリスクが高くなるといわれています。

低出生体重児とは、生まれた時の体重が2,500g以下の赤ちゃんのこと。早産になるケースが多く、出生体重が2,000g以上であれば、あまり大きな心配はないといいます。平均的な赤ちゃんに比べると成長は遅れがちですが、一般的には3~9歳頃までに追い付くようです。

出産を終えると6週間ぐらいで子宮は元の状態に戻りますが、母体や子宮そのものは疲れています。母体と子宮を労わる意味でも、1年半未満の妊娠は避けるのがベストといえますね。

●帝王切開後は子宮破裂のリスクが高まる
帝王切開で出産すると、切開した部分の子宮壁に傷が残っています。1年半未満で第二子を妊娠すると、お腹が大きくなった時に子宮膜が引っ張られて、子宮破裂を起こす可能性があります。また、出産時に、胎盤が子宮筋に癒着して剥がれなくなる、癒着胎盤になるリスクも。これらを避けるためにも、帝王切開をした方は、少なくとも1年半は妊娠を避けましょう。

出産後、妊娠しやすいってホント?

産後は妊娠をしやすいので気を付けた方がいい。よくそんな話を耳にすることがありますが、科学的な根拠はまったくありません。医学的に考えると、出産してから授乳を終える頃までは、身体の状態は妊娠しにくくなっているといいます。

出産後に生理が再開するには8か月かかる

出産後、赤ちゃんに母乳を与えると、「プロラクチン」というホルモンを分泌して、子宮を元の状態に戻します。このホルモンには、排卵を抑える働きもあり、排卵がなくなると生理が止まって妊娠しにくくなります。生理が再び始まるまでの期間は約8か月。生理の再開が妊娠可能の一つの目安になりますが、身体の準備を含めると第二子のタイミングは出産後1年半がベストといえます。

早めの授乳切り上げも視野に入れて

授乳期間が長くなると、それに比例して、排卵の抑制期間も長くなります。第二子妊娠を考える場合は、早めに授乳期間を切り上げた方がいいでしょう。なお、人によっては授乳期間に排卵がある場合もあります。生理がなくても万が一、妊娠することもありますので気をつけてください。

二人目不妊はいつからなの?

第一子を出産して時間が経つのに第二子を授からない。一体いつから第二子不妊というのでしょうか。

第二子の場合は明確な定義はありませんが、第一子の授乳期間を終えて1年間妊娠しない場合、二人目不妊と考えるのが一般的なようです。

二人目不妊の原因は色々ありますが、第一子妊娠により、子宮や卵管環境、卵巣機能が変化したり、加齢による生殖機能の低下やストレス、不妊体質などが考えられます。
第一子の妊娠・出産が順調だった人ほど、「自分が不妊なわけがない。きっとまた自然に妊娠するだろう。」と考えて特に対策をせず、その間に夫婦ともに年齢が上がってさらに妊娠しにくくなる場合もあります。

第二子を望んでいるのに、2年経っても授からない場合は、二人目不妊の可能性が高いので、クリニックの診断を受けた方がいいでしょう。

二人目不妊を克服するには?

お医者さんなど専門家のアドバイスを受けるのも大切ですが、同じくらい大切なのが、できる範囲で生活習慣を見直して、妊娠しやすい身体を作っていくことです。

まず女性ホルモンを整えることが大切

女性ホルモンには、妊娠しやすい身体をつくるエストロゲンと、妊娠を維持するプロゲステロンという2つの種類があり、これらがバランスよく分泌されることで、妊娠・出産に最適な状態へと身体を導いてくれます。
そのため、これら女性ホルモンのバランスを整えていくことが、妊娠しやすい体づくりの第一歩と言えます。

食べ物に気を使って卵巣の機能をアップ

とくに注意したいのが、普段の生活でも不足しがちな野菜です。
野菜に含まれるビタミンやミネラルは、子宮を含め、臓器全般にエネルギーを共給する大切な栄養素。たんぱく質や炭水化物などとあわせて、意識して積極的に摂り入れていきたいところです。
しっかりした食生活を下地に、あわせてホルモンバランスを整えてくれる成分を摂っていけば、妊娠しやすい状態に身体を導くことができるはずです。

妊娠サポート成分も活用しよう

ホルモンバランスを整えてくれる成分に、マカというものがあります。マカに含まれる植物性ホルモンがエストロゲンと同じはたらきをしてくれる上、女性ホルモンのそのものの分泌も促してくれます。
また、男性が飲んだ場合は、精子の量を増やす効果も期待でき、多角的に不妊治療をサポートしてくれる成分として、注目を集めています。
じっさい、マカを飲み始めて妊娠をしたという人の声は少なくありません。

マカの効果は?口コミ体験談

  • 「マカを飲み始めて半年ほど経ったころ、生理が来なくなって、期待しすぎないように自分を押さえながら病院に行きました。すると、妊娠5週目との診断が!」
  • 「子宮内膜が厚くなりにくい体質で悩んでいて、半分気休めのようにマカのサプリメントを飲み始めました。でも、2カ月くらいしてからの検査で、内膜が8ミリに。そして、その周期で妊娠しました」
  • 「直接効果があったのかはわかりませんが、夫といっしょにマカを飲み始めてから妊娠しました。自然妊娠はムリと言われていたので、本当に、涙が出るくらい嬉しかったです」

下のページで、おすすめサプリメントの比較表も紹介しています。興味がある人は、是非チェックしてみてくださいね。