基礎体温の測り方、妊娠と女性ホルモンの関係

基礎体温には高温期と低温期がある

基礎体温で妊娠しやすいタイミングや排卵日を知る、基礎体温表の見方を教えて!

基礎体温には理想的なパターンがあり、それを見ると色々なことが分かります。パターンが乱れていると、妊娠しづらくなっていたり、婦人科系の病気を抱えている場合も。理想的なパターンから、要注意パターンの原因と対処法までまとめています。

基礎体温における高温期と低温期ってナニ?

基礎体温とは、通常の体温計より目盛りの細かい婦人体温計で体を動かす前、つまりは起床時に計る体温のことです。
この基礎体温には「低温期」と「高温期」があります。

●低温期
月経が始まってから次の排卵までの約2週間、基礎体温が低くなります。 この期間を低温期といいます。
妊娠に備える準備期間で、卵巣内の卵胞が成長して、子宮内膜が厚くなります。排卵が始まると低温期はおわります。

●高温期
排卵してから次の月経が始まるまでの2週間は、体温が上昇して高温期に入ります。
この期間を高温期といいます。
受精卵を着床する準備が始まり、子宮内膜がふかふかに柔らかくなります。妊娠しなかった場合は、2週間後に再び低温期に入ります。

理想的な基礎体温は低温期と高温期がきれいな二相曲線になります。
低温期と高温期の境界の目安はだいたい36.7度といわれており、ここを境に低ければ低温期、高ければ高温期と判断されるようです。
基礎体温は女性ホルモンに深く関係しており、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)によってコントロールされています。

基礎体温の低温期と高温期

基礎体温は女性ホルモンに深く関係

女性の体はエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンでコントロールされています。
2つのホルモンは一定の周期で分泌量のバランスが変わります。
良いバランスで分泌されていると基礎体温は低温期と高温期がきれいな二相になり、生理や妊娠、出産につながります。
●エストロゲン(卵胞ホルモン)
主に低温期、月経の終わり頃から排卵前にかけて分泌量が増えます。
エストロゲンは豊かなバストやウエストのくびれなど、女性らしい体を作り、コラーゲンや骨の生成をサポートします。
排卵に向けて分泌量が増える時期は、女性が一番美しくなる時期とも言われています。

●プロゲステロン(黄体ホルモン)
主に高温期、排卵後から次の月経が始まるまでに分泌量が増えます。
プロゲステロンは受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整えます。妊娠すると妊娠を継続させるために乳腺を発達させる作用も働きます。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌タイミングがズレたり、分泌量が減ってしまったりするとホルモンバランスが乱れ、基礎体温の数値に影響します。
このためにも、基礎体温を計り低温期と高温期を知るのが妊娠への第一歩といえるでしょう。

基礎体温ではこんなことが分かります!

●きちんと排卵しているかどうか判断できる
排卵が正常に起きていれば、基礎体温は高温期と低温期にはっきり分かれます。2相に分かれない場合は、無排卵月経の可能性があります。

●妊娠する可能性が高い日をチェックできる
排卵期を知ることで、妊娠しやすい日が分かります。もっとも妊娠しやすい日は、排卵日前3日から排卵後1日の計5日間。この日に合わせてセックスをすると、妊娠の可能性が高いといわれています。

●体調のバイオリズムが分る
女性の身体は月経周期に影響されやすく、月経前の高温期は体調が不安定になり、お肌や精神状態が悪化しやすくなります。低温期は比較的コンディションが安定します。

高温期と低温期に乱れが!要注意パターン

●高温期が長く続く
妊娠すると高温期が続きます。16日以上続く場合は、妊娠が考えられますが、流産の可能性も否定できないのです。月経予定日を過ぎても低温期に戻らなければ、注意が必要です。産婦人科を受診しましょう。まれですが、病気が隠れている場合もあるので、体調が悪くなくても必ず病院の診察を受けましょう。

●高温期が短い
高温期が9日以下、低温期との体温の差が0.3℃未満の場合は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌異常である黄体機能不全が考えられます。黄体ホルモンには、受精卵が着床しやすいように、子宮内膜の状態を整える働きがあります。機能が低下すると、妊娠しにくくなり、病院での治療が必要になってきます。思い当たったら産婦人科を受診しましょう。

●高温期と低温期がはっきり分れない
無排卵月経の可能性が考えられます。無排卵月経は、卵子が未成熟なまま月経が起きた状態です。ストレスなどの影響を受けると、一時的に無排卵月経になる場合もあるので、40日以上変化がなければ産婦人科に相談しましょう。

妊娠への第一歩。基礎体温を整えるには?

低温期と高温期が乱れがちなときは女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。
規則正しい生活や十分な睡眠、バランスのよい食事などを心がけるとよいでしょう。
また、生理周期に合わせて漢方薬を使うと女性ホルモンの分泌が安定するケースもあるようです。
漢方薬は「薬」に分類されるためクリニックでの受診が必要となりますが、第一歩としてサプリメントを摂るという方法もあります。
サプリメントは栄養素がバランスよく配合されている健康食品のため、医師の処方が無くても手に入れることができます。
栄養が偏りがち、不規則な生活が続くなど、生活スタイルがなかなか変えられない人にもおすすめです。